疲れ目を予防しよう

メールは現代人には必要不可欠なコミュニケーションの手段となっています。
電話は耳と口を使いますが、メールは目と指を酷使します。

特に携帯電話は常に身近にあって、安易に使えることから、暗い部屋やベッドの中でもメールチェックをしている人が多いのではないでしょうか。

このような状態では、携帯電話の画面と目の距離が近くなり、目の筋肉が緊張して疲れが出やすくなります。 そして、目の疲れは肩こりや頭痛などの全身的な症状を起こし得ます。

疲れさせない目の使い方

  • テレビゲームなども、明るい部屋でするようにしましょう。
  • 暗い部屋のほうがテレビを見やすいという人もいるかもしれません。しかし、目に余計な負担をかけないためには部屋を明るくしてみることが良い予防です。
  • 携帯電話をはじめ、本、パソコン、テレビ等を見る時は視線がやや下向きになるようにすると、目の筋肉に必要のない緊張を与えなくて済みます。
  • また、暗い部屋での携帯やテレビをみることをすると、周囲よりも画面の方があかるいために画面の光の刺激がより強くなって目に入ってしまいます。
  • また、タバコの煙や排気ガスは目にも悪影響を及ぼします。 煙が目に入ると、それを流すために涙が使われてしまい、ドライアイの症状を強めてしまうのです。
  • タバコを吸わない人も、他人が吸っているタバコの煙をできるだけ避けると目の負担が抑えられます。

上記のように、少しの気配りで目への負担が軽減できるのです。

面倒だからといわず、目の健康のため、それにかかわる全身の健康のために予防医学を実践してみてください。

スポンサーリンク