目の疲れを取る体操

長時間のパソコンや読書などで、ちょっと目がショボショボしてきたなと思ったら一度ブレイクタイム。
ほんの4、5分で効果の出る簡単な目の体操を行なって、疲労の蓄積してしまった目を労ってあげましょう。

簡単!脱・疲れ目体操

  1. まず、どちらか一方の手でグーを作り、親指だけを上向きに立てて目の高さまで上げる。
  2. そのまま親指を目の近くまでぐっと近付けたり遠ざけたり、この反復運動を1、2秒感覚で繰り返す。
    この時目のピントは常に指先に合わせておく。
  3. 目をギュッ~と強くつむってすぐにまたパッと開く
  4. (3)を2、3回繰り返したら、頭全体は動かさずにしっかり固定したまま、眼球だけを左右、上下とクルクル動かす。

目に疲れが溜まってしまう一番の原因は、長時間ずっと同じ所に目のピントを合わせていることです。

こういった目の体操を行なうことで、ピントを一定の場所に保ち続けるため凝り固まってしまった筋肉を柔らかくすることが出来るんですね。
またこの体操は、必ず全ての工程を通してやらなければいけないというものでもありません。
よりやりやすいものだけに絞ってもいいですし、一日何回やっても構わないものですから、気付いた時にはこまめに行うようにして、目の回復をはかってあげましょう。

スポンサーリンク