疲れ目の原因

目が霞む、ショボショボする、目の奥がジーンと痛い…。誰でも必ず一度は経験していると言っていいようなこれらの「疲れ目」の不快症状。

この疲れ目を引き起こす多くは、やはり 目の酷使 が原因と言われています。
長時間の読書や細部にも注意が必要な細い手作業など、目を酷使させてしまう状況は結構多いもの。
中でもテレビや携帯電話、ゲームなどのコンピュータの使い過ぎは、近年ではもっとも多くの目を酷使してしまう原因とされているので注意が必要です。

またこのように目の疲れてしまう状況を長い間続けていると、目が乾燥しやすくなってしまう「ドライアイ」という症状まで併発してしまうこともしばしば。
ドライアイになると、目がすぐに痛みだしたり疲れやすくなったりと、ますます疲れ目の悪循環が続いてしまいます。

この他にも疲れ目には、加齢や度の合わない眼鏡の使用にストレスと、あらゆることが原因で起こることが知られています。

いずれの場合も元となる原因を見つけて改善策を取り、しばらくの間目を安ませてあげれば自然に治ってしまうこともよくあるので、まずは自分の疲れ目を引き起こす要因をしっかりと把握することが大切ですね。

ただし、これらの条件に当てはまらない場合の疲れ目は、病院での治療が必要な病気を患っている場合も充分あるので要注意。
単なる疲れ目だからと軽く考えず、眼科で正しい診断をしてもらいましょう。

スポンサーリンク